経歴詐称で降板したショーン・マクアードル川上氏の後任の1人として、フジテレビ「ユアタイム~あなたの時間~」のコメンテーターに抜擢されたモーリー・ロバートソンさん。

 

ジャーナリスト、作家、DJ、ラジオパーソナリティ、ミュージシャンなどの沢山の顔を持ち、高学歴で才能豊かなロバートソンさんは、「ユアタイム」出演をきっかけにテレビ露出が増えてきている。

 

本記事では、モーリー・ロバートソンさんとは一体どんな人物なのか?調べてみた。

スポンサーリンク




■華麗な学歴!引っ越しの多かった子供時代

 

[プロフィール]

 

・1963年1月12日生まれ

・本名も同じくモーリー・ロバートソン(Morley Robertson)

・アメリカ合衆国出身

・富山県立高岡高校卒業

・東京大学中退、ハーバード大学卒業

 

モーリー・ロバートソンさんは、アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフで、ニューヨークに生まれた。

 

5歳の頃に放射線医療を研究する医師であった父親の仕事のため、当時居住していたサンフランシスコから広島県へと移住。

 

その後父の転勤でアメリカに戻り、両親の別居によって再び日本へ。母親の故郷である富山県に引っ越している。

 

ロバートソンさんは大変に知性の高い人物の様で、実際に在学した東大・ハーバードの他にも、マサチューセッツ工科大学やイェール、スタンフォード、バークレー、プリンストン大学など世界的な名門大学に合格している。

 

 

■多彩な活動歴と女優の妻を持つ

 

 

ロバートソンさんは東大を中退後、当時憧れていた音楽業界で活動を開始

 

ソニー・ミュージックレコーズよりパンクロックのアルバムをリリースしたが、日本の音楽業界が嫌になり渡米、ハーバード大学へ入学している。

 

ハーバード大学卒業後は、FMラジオ「Across The View」のナビゲーターを6年半務め、その後もラジオパーソナリティとして活躍する。また、ポッドキャストやUstreemなどで様々な番組を企画制作し、インターネットを利用した活動にも積極的だ。

 

近年は2014年よりニコニコ動画でトーク番組を定期配信するなどしている。

 

ロバートソンさんの奥さんは、女優の池田有希子さんである。

 

奥さんとはポッドキャストの番組を通して知り合い、子供に関しては情報が何も出ていないので、おそらく2人の間に子供はいないものと思われる。

 

 

■カミングアウトと西村賢太さん激怒事件

 

 

ロバートソンさんは立場上、公共の場で意見やコメントをすることが多く、ご本人の奔放な性格もあるためか、過去にはその発言内容に批判を受けたり、出演者を怒らせるなどしたことがある様だ。

 

2013年、情報バラエティ番組「ニッポン・ダンディ」の中で、ゲストのモーリー・ロバートソンさんがレギュラーコメンテーター西村賢太さんに対し、”(中国へ入国は)西村さんだと止められる”といった趣旨の発言をし、西村さんは番組中にも関わらず不快感をあらわにした。

 

西村賢太さんは放送終了直後、自主的に降板を宣言。それ以降、番組を降板している。

 

降板理由については、モーリー・ロバートソンさんの失言に激怒したのもあるが、そもそも番組自体に嫌気がさしていたのもあると言われている。ロバートソンさんのは後に、あれは冗談だったと説明し謝罪している。

 

次に、ロバートソンさんが非難を受けたことで有名なのは、水泳選手イアン・ソープ氏が同性愛者であることをカミングアウトした際のコメント。

 

”カミングアウトは注目と批判を受けるから、人間性が必要だ”と言った趣旨の、聞き手の解釈によってはゲイを否定するとも肯定するとも取れる発言をし、炎上している。

 

■まとめ

 

ショーンKさんの後任ということもあり、モーリー・ロバートソンさんの高学歴は本当か?という疑いの声もあがっていたが、彼はしっかりとハーバード大学の卒業証書を公開するなど、今度はどうやら詐称はなさそうである。

 

スポンサーリンク