キャットフードの選び方とおすすめランキング【子猫編】

愛猫に健康に長生きしてもらうために、キャットフード選びはとても大切ですね。

でもキャットフードの種類は多くて、結局一体何がいいのか悩みます。

今回は1才未満の子猫用フードについて、猫初心者の私が選ぶ際に意識しているポイントと個人的なおすすめをご紹介したいと思います。

キャットフードの基本

はじめにキャットフードに関する基本を少しまとめておきます。

総合栄養食

キャットフードには、総合栄養食とそれ以外(一般食、おやつ等)があり、猫の日々の食事には、猫に必要な栄養素がバランスよく摂れる総合栄養食を選ぶことが必須です。

「総合栄養食」と記載のないフードは、副食やお楽しみのおやつとして与えます。

ドライフードとウェットフード

次にドライフードとウェットフードでは、「ドライフードを基本に」与えます。

なぜなら1日分の必要な栄養をウェットフードのみで摂ろうとすると、ドライフードより結構量が多くなるので、まず猫が毎日必要量を摂取するのが大変です。かつ、ドライフードの方が経済的という理由もあります。

健康面の事情やこだわりが特になければ、ドライフードのみか、またはドライフードの割合高めが妥当かと思います。

ウェットフードは水分補給にもなり嗜好性も高いので、猫は嬉しいだろう…という事で、わが家ではウェットフードの割合は3割程にしています。ウェットフードをあげる時のうちの猫の嬉しそうなリアクションを見るのは私の楽しみでもあります。

国産と外国産

基本的に国産は安心安全なイメージがありますが、ペットフードに関しては欧米やオセアニアなどの外国産の方が良質な場合が大いにあります。

これらの国々はペット先進国と言われ、ペットへの意識が高く、キャットフードの品質・安全基準は日本より厳しいです。日本(と、アジア圏)は残念ながらペットに関しては後進国です。

国産がダメという事ではありませんが、日本はペット後進国なんだ、という意識は持っておき適切に注意を払いたいところです。

子猫用キャットフードのおすすめランキング

わが家のベスト3キャットフード

単なるうちの猫の嗜好と私という新米猫飼いによるおすすめランキングです。

私は性格的に、自分の食べるものと同じくキャットフードも、注意は払いますがひとつひとつ成分や添加物を調べて吟味したりはしません。

考えるのは、猫に必要なたんぱく質(お肉)の品質、適切に穀類が使われているか、過剰な添加物が使われていないか?大きくその位で、ネットのレビューや専門家の意見、口コミなどを参考にしています。後は、猫の体調と好みで判断で、個人的にはそれが最もストレスが無く、飼い主として十分な対応だと考えています。

1位:【ネスレ】ピュリナワン・1歳までの子ねこ用

圧倒的なコスパ、質も伴っていて超優良フードです。国産かと勝手に思っていましたが、調べると原産国はアメリカだそう。

主原料のタンパク質の品質はそこまで高くないですが、添加物は天然成分を使用していて安心です。

食いつきに関しては、うちの猫のリアクションは特に可も無く不可もない感じで、ただまぁごく普通に食べています。(ピュリナワンのウェットは食いつき良いですが)わが家不動の常備食です。

食いつき
(3.0)
コスパ
(5.0)
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

2位:【ヒルズ】サイエンスダイエット・キトン

子猫用はまぐろとチキンがあります。こちらも良質でコスパの良いキャットフードです。コスパの面でピュリナワンの方が上なので2位としましたが、特にそれ以外で遜色は無いと思います。

わが家の猫調べですが、ドライフードの中ではとても食いつきが良くお気に入りです。

食いつき
(4.0)
コスパ
(4.0)
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

3位:【ネスレ】フィリックス・やわらかグリル 子ねこゼリー仕立て

ウェットフードで最もヘビロテしています。チキンとツナの2種類あり、質良し食いつき良し、パウチタイプで与えやすいです。原産国はオーストラリアです。

ものすごく食いつきが良く、うちの猫はあげる前からグイグイ寄ってきて喜んでいます。

食いつき
(5.0)
コスパ
(3.0)
(4.0)
総合評価
(4.0)

これまでに試してみたキャットフードの個人的感想

私は色々なキャットフードを試すのを、猫を飼う楽しみのひとつにしています。うちの猫の好みと与えてみた私の感想をご紹介。

コスパ系キャットフード

・シーバ

色んな味があって楽しく、色々食べるのが食育にもなるかな、と小さい頃に1~2箱ほど与えてました。結構喜んで食べていて、食いつきは◎です。

品質については、どう評価すれば良いのか個人的に私の知識の中では判断しかねるので、現在はリピートしていません。

・懐石

リッチで特別感のあるデザインにつられ、お店でパケ買いしました。

食いつきはおやつ並に非常に良かったのですが、残念ながらうちの猫はこれを食べると必ず下痢してしまいます。。なので、ご褒美のおやつとして数粒をたまにあげてます。これだと下痢はしないです…が、今あるのが無くなったらリピートはしないかなと、思います。

・モンプチ

狙ってはいませんが、なんだかんだで結局ネスレのピュリナブランドを買いがちな私です。

こちらは質も食いつきも◎です。また是非ともリピートしたいと思える商品なのですが、子猫用がうちの近所の店舗に売っていないのと、ネット購入だと24缶などダース単位になるので気軽に購入しづらい状況です。

・カルカン

スーパーでよく売っているので、まとめ買いのウェットフードが無くなりそうな時に繋ぎでちょこちょこ買っています。そこそこ喜んで食べます。

プレミアムフード

・ナウフレッシュ

初めての高級系フード、初めてのグレインフリーとして意気揚々と購入しました。

でも…どうやらうちの猫には馴染まなかった様でほとんど食べてくれませんでした…グレインフリーが嫌いなのでしょうか…?わかりませんがこんな事もあるのかと学びました。完全にうちの猫の好みの問題です。

・オリジン

色んなランキングでよく上位にあがっているので、買ってみました。

よく食べますし、こういうプレミア系フードは品質にも安心感があります。オリジンはネットで気軽に買えるのでまたリピートしたいです。

・アニモンダ

ペット先進国ドイツ産のキャットフード。ネットの評判と、名前がなんかかっこいい…という理由で猫の月誕生日にウェットフードを購入しました。

喜ぶかと思いきや、うちの猫はあんまり食べてくれませんでした。。成猫用はもっと色んな種類があるので、大人になったらまた再チャレンジしたいです。「フォムファインステン」とか、名前がかっこいいので…。(言いたい)

・モグニャン、カナガン

オリジンと並んでランキングでよく見るのが、株式会社レティシアンが販売する「モグニャン」「カナガン」です。両方試してみました。

ちょくちょくキャンペーンをやっていてお得に買えるので、お試しはしやすいです。

コストはかかりますが、食いつきも問題なく高品質なフードだと思いました。

定期購入が基本です。

ちなみに、私は個人的に定期購入というものがあまり好きではないんですが、解約時は回数制限もなくネットでスムーズに行えて、対応も良く安心できる会社でした。

まとめ・今後試してみたいフード一覧

以上、現在の私の個人的子猫用キャットフードランキングは…

  1. ピュリナワン
  2. サイエンスダイエット
  3. フィリックス

でした。

今後試してみたいキャットフードは…

  • コスパ系で評判が良さそうな「ファーストチョイス」
  • ベルギー産のプレミアムフード「ロニー」
  • 成猫になったら「アニモンダ」(再チャレンジ)

などなど。次は子猫が大きくなったら成猫パターンで、また色んなキャットフードを試してレビューしたいと思います。

この記事が参考になれば嬉しいです。